日本の国は安全か?

治安と家庭の防犯を考える!

いままで日本が世界に最も誇ることができるのは、安全であることでした。たとえば夜街を歩いていてもそれほど危険とは感じていなかったはずです。今は、安全でなくなりました。

 

う過去の話になりつつあります。海外の様々な国から比べると日本はまだまだ安全かもしれないが、私がメデァなどから率直に感じているのは、昔から比べるとかなり治安の悪い国になってきたと思うことです。

 

凶悪犯罪が増えた日本

 

  • 殺人、強盗、放火、強姦などの凶悪犯罪は終戦後ほぼ減少を続けていたが平成に入ると毎日見るニュースに流れているのが現状です。
  •  

  • 又殺人、強盗などのほか、凶悪犯罪のほかハイテク犯罪です。高齢者を狙う振り込め詐欺
  •  

  • ット犯罪、不正アクセス、出会い系サイト犯罪、ネットオークション詐欺、サイドビジネス商法、数えるときりがありません。
  •  

  • 過去にはなかったインターネットの社会の犯罪も悪質化しているもの日々のニュースを見ればお分かりだろう。

 

社会不安と治安の現状

 

  • た温暖化による「異常気象」のため沢山の天災や災害が増える中で、安心・安全な生活をするためにも日頃からの「備え」も自己責任で準備しなくてはいけません。
  •  

  • 世界誇る「安全な国」も、現社会では「不景気」「貧困」「格差」などで安全国の神話が崩壊しつつある日本の今日この頃です。残念なことに自分の身を守る、「自己防衛」が必要不可欠となってきました。
  •  

  • そもそも現代人の安心・安全の「不安」の原因を考えると「犯罪」や「災害」などが主です。では防犯とはどのような意味なのでしょうか?

 

 

防犯の意味

 

  • 犯罪は国民にとって最大の不安要因となっていますが、それが全てではありません。
  •  

  • 民生活の安全という視点で見ると、例えば山間部における熊の被害も不安要因であり、事故や自然災害も不安要因と言えます。